人気の無線LAN機器について

光ブロードバンド回線のインフラ整備と価格競争により、高速で大容量の通信が安価に自宅でできるようになりました。

屋外では4G回線によるスマートフォンで、屋内や自宅ではブロードバンドルーターと無線LANによってインターネットに接続する形態が出来上がりました。

周波数帯域により無線LANで使用する電波は2.4GHz帯と5GHz帯の二つに分けることができます。

最初に普及したのが2.4GHz帯であり、販売開始から時間が経過しているので安価でLANシステムの構築が可能です。

半面、集合住宅や住宅密集地域では、電波干渉と混信により安定した通信ができなくなってしまいます。



これに対して5GHz帯では、電波帯域に余裕があるため周辺機器との混信や速度の低下が原則発生しませんので人気があります。
安定した通信だけではなく、セキュリティに関しても無線LANでは考慮する必要があります。

高速に送受信ができても、通信を傍受されたり家庭内LANへの不正アクセスがあるのでは困ります。



セキュリティを高めるためには信号の暗号化が必須です。
WEPやWPAやWPA2などの暗号方式があり、WEPは簡単に解読されることが判明しているので運用時にはWEP以外の暗号化方式を推奨します。

広い建物で部屋の隅々に電波を行き渡らせるには1台の親機では不可能なので、ハイパワー出力の機器の選定やアクセスポイント・中継器の設置でエリアを広げることができます。



こうしたことから無線LANは、5GHz帯域が使用できて高出力でセキュリティの高い機器が人気になっています。加えて、常時通電しておく機器なので、消費電力の小さい機種や一定の期間通信がない場合に省電力モードに移行する製品も人気があります。